ミステリ★

【1010話 笑顔を消したアイドル】現れた食い逃げアイドル!

「ご推理を!ご推理を~!」

米花町のファミレスで食い逃げ事件が発生!
犯人は金髪サングラスの女。

その頃、毛利探偵事務所に交番勤務の巡査・山里がやってきていた。
ファミレスから「食い逃げがあった」という一本の電話が来て駆け付けたが、事件は入れ違いで解決したという。

なぜ解決したのに事務所に来たのか聞く小五郎。
山里によると、食い逃げ犯が「アイドル・加倉井加代子の笑顔にそっくりだった」と店員が話していたという。

そしてラーメン屋など他の店でも食い逃げ事件が多発していた。
犯人はどれも金髪サングラスの女…そして付き添っていた女性は彼女の姉や母だと名乗っていた。
彼女はアイドルの加代子なのか?

加代子はアイドルグループ・DDPPに所属していた。
だが一番人気で他メンバーに妬まれており、いじめられたことから笑顔を消した――
そういう過去があったという。
その辛さから食い逃げを繰り返したのでは?と自分なりに推理する山里。

だが小五郎は酒の飲み過ぎで爆睡して聞いていなかった!
仕方なく「眠りの小五郎」を始めるコナン。

そのとき蘭が帰宅してきて「アイドル・加代子を見かけた」と話す。
車の中で蘭が見たものとは…?
なぜアイドルが食い逃げをするのか?事件の真相は!?

米花町に現れた食い逃げ犯!コメディちっくなストーリーに対して暗めの画面と演出なのが不思議な雰囲気を醸し出す回。浦沢脚本だけど割とまとも…?と思いきや効果音や会話がやっぱりコミカル。巡査の山里が主人公なのか!?というくらい存在感があります。真相がまさかのまさかすぎてミステリーとは…?という気持ちになります。これはこれでバカミスとしてアリ…?