ミステリ★

【1015話 張り込み】張り込みのお手伝い!強盗犯は誰だ!

「張り込みでしょ?」「手伝うぜ!」

コンビニでパンや飲み物など食料を大量に買いこんでいる千葉刑事を目撃した少年探偵団。

後をつけると、マンションの中に入っていった。
友達の家に遊びに来ただけか、とがっかりしているとコナンはこのマンションに人は住んでいないと話す。

404号室には千葉刑事と高木刑事がいた。

どうやら向かいのマンションを張り込んでいる様子。

探偵団は手伝いたいと言うが反対する高木刑事たち。
仕方なく博士が迎えに来るまでの間だけという条件で許可することに。

二人は宝石店の強盗犯を探しており、
マンションの3部屋のうち誰かが犯人だろう
と考えていた。

最近町で起きた宝石強盗事件。
別件で空き巣が逮捕され、カバンの中から宝石店から盗まれた指輪が出てきた。
その空き巣がマンションから盗んだと話したことから、ここに強盗犯がいると分かったという。

怪しい人物は三人。
電話の着信をやたらと気にする男性、
帰宅後すぐにベランダに出て何かを考えている男性、
ヨガの先生らしい女性。

歩美・元太・光彦の三人は先に帰ると言い、張り込み現場から去る。

コナン達が引き続き見張っていると、歩美たちは各部屋のベランダにボールやぬいぐるみを投げ込む!
三人は直接確かめに行く気らしく…!?

張り込み中の千葉刑事と高木刑事!証拠を探すため、ものすごく危ない行動を取る探偵団三人。子どもだから怪しまれない…と思いきやなんだか危険な気配?三人とも度胸がありすぎます!この中に犯人がいるのか!?推理というより状況を見守るシンプルな探偵団&千葉・高木刑事メインの回でした。タイトルもシンプル!