おすすめ!

【1027話 カーテンの向こう側】探偵団は見た!?

「シルエットがくっきり浮かび上がって、まるで影絵のようじゃな」

レストランで阿笠博士にごちそうになる元太、光彦、歩美。
コナンと灰原は用事があり来れなかったため残念だと皆で話していた。

すると、向かい側のマンションで男女が話している影がカーテン越しに見えた。
「きっとパーティーをしているんだよ!」
「いい雰囲気ですね~」

そのまま見ていると男女はキスをしようとし始め、盛り上がる三人を止める博士。

その直後、女性が刃物を持った男性に襲われ始める!

慌てた四人は急いで警察に通報。
だがマンションに警察が向かい事情を聞くと、住人に「見えたのは飼い犬の影だ」と言われる。

探偵団は毛利探偵事務所に行き、コナンに相談。
見間違いなのではと返すが探偵団は反論し、調べたことを話し始める。

何かに気付いたコナンは高木刑事と共にマンションの一室へ向かう。

部屋に飾られたトロフィー、捨てられたワイングラス、床に残った血痕、矢の刺さった写真。
三人が見た影の正体とは!?

カーテン越しに見えた影。向かいのマンションで見えたものでまたまた事件の予感!?カップルのキスで盛り上がる探偵団が面白い…ライトアップされたフラワーパークでの作戦に驚きのシルエット・ミステリー回!明かされた影絵の真相が怖すぎました…一寸先は闇!