ミステリ★

【113話 白い砂浜殺人事件】穏やかな海の底に沈む、水死体――

「人殺し…!自殺なんかしないわ…あの人が殺したのよ!!」

おすすめ
ミステリ

小五郎の運転で道に迷ったコナンたちは海辺の町に辿り着き、滞在することに。

コナンと蘭がシュノーケルをつけて海の底を探索してると黒髪の女性の水死体を発見してしまう。

女性は足に重りの石を結びつけていた。
医師の田中は、外傷がまったくないことから自殺だろうと話す。
しかし友人だという女性がこれは自殺ではなく殺人だと怒りをあらわにする。

田中医師のアリバイは、小五郎が偶然同じ店にいたことによって成立していた。
コナンは一人、どうやってトリックを成立させたのか捜査を始めることに。

「ったく…海はゴミ捨て場じゃねえんだぞ!」
打ち捨てられたゴミの山に呆れていると、あるものに気がつき――!

綺麗な海をバックに自転車を漕ぐコナンくんがノスタルジックでなんだかとても良い。
夏を感じます。ずっと遊びたい蘭ちゃんとコナンくんがかわいい。海に呼ばれたんならしかたがないよね!それにしても犯人、ぬかりすぎでは?

※原作は名探偵コナン 特別編第1巻(著/青山剛昌 山岸栄一 てんとう虫コミックス)に収録。