ミステリ★★

【128話 黒の組織10億円強奪事件】事件の裏で動く黒い影。

「江戸川――いや…工藤新一…探偵さ」

おすすめ
ミステリ

探偵料の振り込みを受け取りに、銀行にやってきた小五郎・蘭・コナン。

コナンは偶然、裏口で現金輸送車の襲撃事件を目撃!
スケボーに乗り犯人の乗った車を追いかけるが、見失ってしまう。

被害金額はなんと10億円。
捜査が開始されるが、コナンは状況の不自然さから銀行のガードマンが手引きしたのでは?と疑う。

逃走車が見つかったという報告があり、すぐに現場へ向かう小五郎や目暮警部たち。

乗り捨てられた車には空のジュラルミンケース、それに犯人のものらしき覆面と手袋が残されていた。
覆面の内側にピンク色の口紅がついていることに気付くコナン。
これはただの強盗事件ではない…?

後日、犯人と思われる2人が遺体で発見される。
そのうちの一人は銀行のガードマンだった。

事件の遺留品から、銀行員である広田雅美に容疑がかかり――

アニメでは最初の広田雅美登場回で組織を出さなかったため、原作との辻褄を合わせるために作られた回。
事件自体はアニメオリジナルのものです。
あまりに堂々と人家に不法侵入するコナンくん。明美お姉ちゃんとコナンくんの会話が切ない