ミステリ★

【152話 謎の老人失踪事件】バスで出会った老人は忽然と姿を消した。あれは夢だったのか…?

「あのおじいさん、確かにどこかで会った気がするんだけど…」

おすすめ
ミステリ

買い物に行った帰り、雨に降られながらバスに乗る蘭と園子。
園子は降りるときに起こしてくれるよう蘭に頼み、少し離れた席で眠っていた。

蘭がうとうとしていると、隣におじいさんが座ってくる。
おじいさんは設楽と名乗り蘭のことを知っている様子で、小五郎に依頼に行く予定だと話していた。

病院前で降りるおじいさんに、バスが停まったら知らせると約束するがそのまま眠ってしまう。

目が覚めると老人は忽然と姿を消していた…

園子は「夢でも見ていたのだろう」と言うが、おじいさんを心配する蘭は病院へ向かい設楽という老人が来ていないか尋ねる。
だが入院客にも来客にも見つからず、帰宅する蘭。

家でコナンや小五郎に話していると、ポシェットに見覚えのないMOが入ってることに気付く。

おじいさんが蘭に託したものなのか?
阿笠博士に頼み、解析してもらうコナンたち。

老人の正体は?そしてディスクに入っていたデータとは!?

蘭のことを知っているという、謎のおじいさんの正体は!?演出が丁寧なわりにダイナミックな結末の回。すごい方法で犯人を倒すコナンくんに驚き!おじいさんを心配する蘭ちゃんはいい子だなあ…園子がとばっちりすぎてかわいそうになります。Cパートに初期ポアロと初期梓さんが!