ミステリ★

【158話 沈黙の環状線】仕事帰りに起きた、悲しい殺人事件

「別に仲が悪かったわけじゃない。みんな仲良しだったんだ」

おすすめ
ミステリ

日曜の夜、依頼を終えた帰りに環状線に乗り込む小五郎たち。

電車は空いており、仕事帰りの3人の若者たちと居合せる。
先に帰宅していたはずの眠り込んだ同僚を見つけて話しかけたが、その身体は冷たくなっていた。

コナンは遺体の耳が黒ずんでいるのを発見し、毒殺ではないかと考える。
「恋人をとられた」「デザインを盗まれた」
広告代理店で働く彼らには、それぞれ殺人の動機があり…
 
犯人はどうやって毒殺を行ったのか?
何も書かれていないMDのシールの意味は…?

被害者の残したメッセージが悲しい。お仕事お疲れ様です…