劇場版『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』絶賛公開中! / 現在サイト改装中です

【282・283話 水流るる石庭の怪】美しい石庭で発見された遺体。不可能犯罪を暴けるか。

「毛利小五郎の辞書に…不可能犯罪の文字は無い!!」

おすすめ
ミステリ

車がガス欠を起こしたところを木山家具の社長・馬島に助けられ、屋敷に招かれた小五郎たち。

その家には滝から溢れ出した水で満たされる仕掛けの石庭があった。
美しい風景を造り出すというその庭に、見惚れる蘭とコナン。

別棟の洋館で、社長秘書・橋下やグループ会社の社長・遠藤、フリーライターの木山と知り合う。
蘭は木山の書いた本が大好きなのだと喜び、サインをもらう。

晩餐会が開かれ楽しい時間を過ごしていたが、
馬島が席を外した途端険悪な雰囲気に…

招かれた全員が馬島に恨みを持っているようだった。

翌朝、屋敷に悲鳴が響き渡る。
駆けつけたコナンたちが見たのは石庭に横たわる遺体!

「あの遺体…なんだか…おかしくありませんか…?」
その遺体の周りには、あるはずのものが無く――

“” “” “” “”]きっとみんな予想したであろう殺害方法を披露するおっちゃんに呆れ果てるコナンくんが楽しい回。推理パートがなんだか賑やかで良い!横溝刑事も登場

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる