現在サイト改装中です

【315話 陽のあたる場所】竹林で発見された日本画家の遺体。ヒントはタケノコ?

「陽のあたる場所へ出してほしかった…誰かに見てほしかったんです!」

おすすめ
ミステリ

小五郎は蘭とコナンを連れ、日本画家・静山の別荘を訪れる。
「静山がスランプで絵が描けなくなり、自殺を図ったので励ましてほしい」と弟子の黒木から頼まれたからだ。

しかし静山は落ち込んでいるようには見えず、不思議に思う小五郎。
確認のためその場で絵を描いてみてほしいと頼むが、
本当に手が震えて描けない様子だった。

翌日、気分転換のため海釣りへ行く約束をする小五郎。
ところが時間になっても静山は現れず、他のメンバーだけで釣りを楽しむことに。

そこへ家政婦から「静山が書置きを残して姿を消した」との連絡が!

駆け付けると、竹林の中で竹に結ばれたロープで首を吊って死亡していた――。

遺体の周辺の竹が切り倒されていることから他殺を疑うコナン。
別荘で手掛かりを探していると、「筍日記」という筍の成長記録を発見する。

「そうか…これならもしかして!」
竹を使った驚きの殺害トリックとは?!

“” “” “” “”]竹林で遺体発見。衝撃的すぎるとんでもないトリック回!誰か検証してみてほしい…

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次