おすすめ!

【33話 探偵団サバイバル事件】キャンプ場で宝探し!胸が熱くなるワクワクの大冒険回!

「よーし、それじゃしゅっぱ~つ!」「お~!」

おすすめ
ミステリ

博士の車で川原のキャンプ場にやってきたコナン・元太・光彦・歩美。
博士から宝の地図を貰い、はりきって宝探しを開始!

地図に書かれた目印を辿って進んでいくが、どうせ子どもだましだろ…と乗り気でないコナン。
ところが途中、橋が落ちたり怪しい男たちと遭遇したりと何やら感じる怪しい気配。

「なーんか、おばーちゃんの知恵袋って感じ!」
「せめてサバイバルって言ってほしいよな…」

樹木で方角を調べたり火をおこしたり、崖をのぼったり川を渡ったり…
コナンの知識をフル活用!してどんどん先に進んでいく探偵団。

コナン達とそっくりな地図を持って暗躍する怪しい男たちは一体?
そして地図の示す先にあった宝とは!?

胸が熱くなる、少年探偵団の大冒険!

少年探偵団がとにかく動き回るアドベンチャー回!コナンの知識と皆の力を合わせた大冒険が繰り広げられます。コナン初期のドタバタ感が好きな方にオススメ。ラストのナレーションもノスタルジー満点で、夏休みの朝を思い出すような良回です!最後に明らかになる「あること」がアニオリとは思えないほどかなり珍しいもので驚き。
ところで光彦、なんでフェルトペンだけ持ってきた??