ミステリ★

【37話 サボテンの花殺人事件】シャコバサボテンが導く復讐劇の結末は…

「典子さん…山口は死んでしまったけど、この花の一つ一つの中に、生きているんだよ」

おすすめ
ミステリ

典子という女性から小五郎に「信州で出会った男性を探してほしい」と依頼が来た。
小五郎は恋した相手を探してほしいという依頼だと思い、コナンは出る幕がなさそうだと思い見守る。

だが典子が描いた男性の似顔絵は、とても好きな人を描いたものだと思えなかった。
本当に単なる人探しなのか?と疑問を抱くコナン。

気になったコナンが典子の家に忘れ物を届けに訪れると、男性の写真が飾ってあった。
彼は元恋人だが、以前振られたのだと話す典子。

それから一週間が経ったが小五郎の人捜しは難航している様子。
少年探偵団と水族館に向かっていたコナンは、喪服を着た典子を偶然見かけて後をつける。

彼女は悲しい顔で一人墓に手を合わせていた。
典子が墓参りをしていた場に現れた一人の男性に話を聞くコナン。

どうやら典子が探している「赤いスポーツカーに乗っている男」は、過去の自動車事故と関係しているようだった。
事故で典子は大怪我を負い、典子の恋人の男性は死亡したという。

典子は何故スポーツカーの男を探しているのか?
「シャコバサボテン」が導いた結末は……!

人探しの依頼に隠された目的とは? 想い出を振り返る回想シーンに特殊挿入歌が流れるなど、ゲストキャラを掘り下げた珍しい回。とんでもない修羅場でサボテンの解説をはじめるコナンくん、気が抜ける…悲しい復讐劇の結末は!?