現在サイト改装中です

【373話 猛毒蜘蛛の罠】殺人犯はクモ!謎が絡み合う密室トリック!

「だってよく見ると、ちっちゃくてかわいいじゃないですか!」

おすすめ
ミステリ

市立図書館にやってきた少年探偵団。
灰原とコナンは、近くの廃屋で怪しい男女三人組を見かけ後をつける。

三人組は、大学助教授・クモ愛好家・雑誌記者。
生物雑誌の取材で毒蜘蛛の撮影をしているところだった。

メンバーの一人・浦崎が取材の確認のため蜘蛛研究者・新野教授に電話をかけると、
「噛まれた!クロゴケグモに噛まれた!」
と、叫び声が聞こえてくる!

コナン達は急いで現場に向かうが、すでに教授は死亡。
現場には毒蜘蛛が残され、遺体の耳にも噛まれた跡があった。
飼育箱から逃げた毒蜘蛛による不幸な事故……?

現場から追い出され、外で一人考え込むコナン。

「それじゃ考えてれば?ずーっと。あたし、見たのよね」
灰原は窓の外から「あるもの」を目撃したと話す。

コナンは落ちていた電話と、灰原のヒントからトリックと真犯人を見抜く!

“toutoi.png” “” “” “”]Cパートの灰原さんがお茶目でかわいい!灰原さん+コナンくん好きにオススメな回(トリックにも驚き!)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次