劇場版『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』絶賛公開中! / 現在サイト改装中です

【536話 消えた名画の秘密】消えた絵と怪しいおじさん。優しい真実に、記憶の扉が開く…

「陽気がいいからね、今日は」

おすすめ
ミステリ

探偵団は荒れた洋館に誰かが引っ越してきたとの噂を聞き、偵察に行くことに。
灰原は「工藤家に住み着いている沖矢昴のほうが怪しい」と乗り気でない。

洋館には怪しげなおじさんが住んでいたが、表札が出ていないことからますます怪しむ探偵団。

「ええっ!?あの人が亡くなった!?」
翌日、おじさんが亡くなったと聞き驚くコナンたち。

おじさんは何者だったのか?
調べに来た探偵団は、洋館前で八神という男性と出会う。
彼は画商で、怪しいおじさん――画家・和田六郎の遺作を探しに来たと話す。

しかし洋館には、絵どころかキャンバスも筆もなかった。
一緒に探す探偵団だが、いくら探しても出てこない。

「すいませーん!和田さん!作業始めさせていただきまーす!」
そこへ不動産会社が訪れ、屋敷を取り壊そうとする
以前から取り壊す話だったが、和田から「あと2、3日待ってくれ」と言われていたらしい。

絵はどこにあるのか?
推理する探偵団だが、無情にも取り壊しが迫り…!

“” “” “” “”]二転三転する展開、そして心あたたまる結末にほっこり。
優しい日常ミステリー回

“” “” “” “”]光彦の地下トンネル説ふたたび!?(※225話参照)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる