劇場版『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』絶賛公開中! / 現在サイト改装中です

【680話 サボテン狂騒曲】温室で死んだサボテンマニア。謎もヒントもサボテンに?

「サボってんじゃねーよ、ってハハハ…サボテンだけに」

おすすめ
ミステリ

園子の知人・砂田善三に呼ばれ、サボテンを見に来たコナンたち。
温室には花を付けるまで50年かかる金鯱サボテンをはじめ、沢山のサボテンが置いてあった。

「うーん…なんか微妙~」
思ったより地味なサボテンの花にガッカリする園子。

そこへ善三の息子二人が駆け込んでくる。
息子たちは善三が「遺産をサボテンのために全て使う」と遺言書を書き換えたことに不満を募らせていた。
「問答無用!さっさと出ていけ!サボテンが腐るわ!」

夜、家政婦の八代が作った絶品料理をご馳走になるコナンたち。
くつろいでいると、温室の警報器が鳴り響く!

温室内では善三が絶命していた…。
死因はスコップで殴られたことによる脳挫傷。

遺言書、警報器、倒れたサボテン――
サボテン好きの老人を殺害した温室トリックとは!?

“” “” “” “”]サボテンだらけの殺人事件!温室を利用した巧妙なトリックに驚き!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる