劇場版『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』絶賛公開中! / 現在サイト改装中です

【689話 依頼人からのメッセージ】アトリエで殺された彫刻家。作品に込められた狙いとは?

「Demurrer…確か、異議申し立てとかそんな意味…」

おすすめ
ミステリ

「それじゃあお父さんに彼氏の浮気調査を依頼したその人って…」
「ああ…亡くなっちまったよ。石段から転げ落ちてな」

小五郎の依頼人・笹森薫が死亡。
薫の兄・隆司は、薫の恋人だった柘植が突き落としたと疑っていた。

三か月後、柘植から「あの時の犯人を教える」と連絡があり、アトリエへ向かう小五郎・蘭・コナン。

雨の夜に集まったのは兄の隆司、マネージャーの野口、薫の友人の和美。
ところがアトリエ内には柘植の遺体が!

現場には彼の作ったオブジェと、何かを動かしたような跡があった。
作品名は「Demurrer」――

近くで検問が行われていたことから、犯人はアトリエに呼ばれた三人の中にいると判明。
三人にはそれぞれ柘植を殺害する動機があった。

彫刻家「柘植光」は本名「日影律」のアナグラム。
真実は彼のオブジェに隠されている――!?

“syun.png” “” “” “”]雨の夜に起きた、冷たい殺人事件。作品に隠されているメッセージとは…?ラストの犯人の言葉と「なぜそうしなかったのか」の理由が切ない…

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる