劇場版『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』絶賛公開中! / 現在サイト改装中です

【695話 葡萄畑に薔薇の花】ワイナリーでの殺人事件。凶悪犯をバラが示す!

「おっちゃんはいくら寝かせても熟成しないな…」

おすすめ
ミステリ

諏訪山ワイナリーにやってきたコナン・蘭・小五郎。

施設は百合香と夫の健吾・友人の水町での共同経営。
健吾はワイン一筋で、質を落とすような経営に否定的な様子。

コナンたちが水町に案内され葡萄畑を見学中、百合香を見かける。
健吾の姿が見えないので探していると聞き、一緒に樽蔵に向かう一同。

樽蔵では健吾が絶命していた!

「馬鹿な…そんなはずが…死んでるわけないのに…」
遺体を見て呟く水町。

百合香に頼まれ健吾を閉じ込めたが、自分は殺していないと証言。
だが水町以外にはアリバイがあり、犯人だと疑われてしまう。

遺体は首と手足を縛られていた。
現場と遺体の奇妙な点に気付いたコナンは、犯人のアリバイトリックを暴く――!

“” “” “” “”]葡萄畑に植えられているバラの役割・木酢液・ワインの有機栽培など勉強になる回。

“” “” “” “”]全員ドン引きするレベルの、惨すぎる殺人方法…被害者かわいそう

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる