劇場版『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』絶賛公開中! / 現在サイト改装中です

【709話 未確認衝撃事件】工事現場で起きた崩落事故。パイプを崩す衝撃トリック

「思い出を踏みにじられ、壊されたからといって…その人を殺害していいということにはなりません」

おすすめ
ミステリ

コナンたちが工事現場の近くを歩いていると、轟音が!
「誰か!救急車を呼んで!」

見ると、鉄パイプの崩落事故が。
下敷きになった現場オーナー・猪股を助けようとするが、間に合わず絶命してしまった…。

猪俣がいたのは、パイプ置き場近くの喫煙所。
パイプを固定するバンドには切られた跡があり、事故ではなく他殺だと思われた。

容疑者は運転手の金田・現場監督の野島・建築家の村瀬。
落ちていたナイフは金田のもので、動機もあったことから彼が疑われる。

だがコナンは「その場でバンドを切ると犯人も巻き込まれる」と主張。
誰にも気づかれず、崩落にも巻き込まれずにパイプを崩すことが可能なのか…?

コナンは隣にある改装中の遊戯施設に侵入。
そこであるものを発見し――!

“hunsu.png” “” “” “”]鉄パイプを利用した衝撃殺人!手を使わずにパイプを崩す方法と犯人の動機が印象的な回です

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる