ミステリ★★★

【71話 ストーカー殺人事件】自動販売機の無差別殺人。暴走した愛の結末は――

「うーん…キャップの開いたガッツマンを確実に飲ます方法はないかなあ」

おすすめ
ミステリ

早朝にハイキングへ向かう小五郎・蘭・コナン。
途中、小五郎が眠気覚ましに自販機でガッツマンを購入して飲んでいると突然悲鳴が聞こえてくる!

急いで向かうと若い男性がもがき苦しんでいた。

男性はそのまま死亡。
傍には小五郎が直前に飲んでいたものと同じ、清涼飲料水ガッツマンのビンが転がっていた。

中には毒物が混入されており、小五郎は自販機に仕掛けられた無差別殺人だと推理。

しかし死んだ男・永井にはストーカーで通報された前歴があった。
ストーカー被害者である女性のもとを訪れるコナンたち。

彼女のアパートは現場の近くにあり、永井が死亡したと聞き驚く女性。

コナンは彼女が無差別殺人に見せかけ毒を仕込んだのではないか?と考える。
だが毒を仕込むために開けなくてはならないはずのビンはしっかりと蓋が閉まっていた。

彼女はどうやって永井にガッツマンを飲ませたのか?
探偵団とプールで遊んでいたコナンは、あることに気付き…!

盗撮に尾行。行き過ぎた愛はついに…ストーカーにドン引きしていたら衝撃の事実…真相が怖すぎてゾッとします。プールで遊ぶ探偵団のある行動が謎解きのヒントに? 手刀でガラスビンを割る蘭ちゃんすごすぎる…