ミステリ★★★

【753話 シェアハウスの死角】男女四人のシェアハウス、ルールより窮屈な人間関係

「実はとっても気持ちがいいのよ…」

おすすめ
ミステリ

空手部の先輩・弥生が住むシェアハウスに遊びに来た蘭

住人は大学生の弥生の他にOLの靖子・会社員の鈴木・ダンサーの克子
鈴木は唯一の男性で、克子から煙たがられていた。

シェアハウスは風呂の時間の他、持ち物に必ず名前を書く・座る場所など様々な決まりがある様子。
共同生活のルールを大変そうに思う蘭。

コナンと小五郎が迎えに来ると、二階から鈴木の悲鳴が!
克子が部屋で首を切られ死亡していた――

犯行までの時間、弥生は蘭と一緒にお茶を、靖子は風呂に入っていた。
風呂場から現場に向かおうとすると、蘭たちから見えてしまうため犯行は難しい。
一人アリバイがないことで疑われる鈴木。

犯人の仕組んだ「シェアハウスの死角」とは!?

日常の動作が謎解きのヒントになっていて面白い!大胆すぎる犯人と衝撃的すぎる動機の回。シェアハウスって…大変なんだな…