ミステリ★★★

【774話 消えたムンクの叫び】盗まれたゴッホの「ひまわり」…ではなくムンクの「叫び」?

「あのトラックに、不安と絶望が載ってるのよね!」

おすすめ
ミステリ

鈴木財閥の美術館でムンク展を開催することになった。

今回展示するのは「叫び」「不安」「絶望」の3点。
一枚数百億の絵を学芸員がトラックで運び、後方の車に乗る鈴木次郎吉とコナン・蘭

「大変です!叫びが…叫びが消えました!」
運送中「叫び」を載せたトラックだけが行方不明に!

「国際問題になりかねない」と心配するスタッフたち。
園子に促され、蘭は新一に相談することに。

しかしその後、30分遅れで無事にトラックが到着
運転していた学芸員は「カーナビ通りに来たはず」と主張。
なぜ1台だけがルートを外れてしまったのか?
カーナビの衛生ロスト地点を見て真相に気付くコナン。

「いや――勘違いなんかじゃない。これは事件だったんだよ」
工藤新一の、電話越しの推理ショーが始まる!

「業火の向日葵」プレストーリー!美術館でムンクのポーズを取ったりする探偵団が面白かわいい。新一が(途中まで)謎解きする珍しいアニオリ回。ラストで「ひまわり展」の話も少し出ます