劇場版『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』絶賛公開中! / 現在サイト改装中です

【806・807話 腹話術師の錯覚】乗っ取られた腹話術師?邪悪な言葉を「相棒」がささやく――

「俺とあんたは一心同体…俺はあんたであんたは俺なんだぜ?」

おすすめ
ミステリ

天願リイチの腹話術ライブにやってきたコナン・蘭・小五郎。
「相棒」である人形を使ったリアルな劇に感心する。

だが楽屋で喋り続けるリイチの人形と、苦しむリイチを目撃。

「出ていけ…私の中から、出ていけ…!」
「追い出すことなんてできないぜ、相棒…!ウヒャヒャヒャヒャ!」

彼は会話を腹話術に頼るうちに、多重人格のようになっていた。
自分がいつか人形に唆され、妻を殺してしまうのではないかと悩み小五郎に監視を依頼。

妻はリイチにうんざりしており、弟子の登川と不倫しているという。

小五郎は探偵ではなく専門医に相談するよう、依頼を却下。
ところがその後日、登川から電話がかかってくる。
「ええっ!天願さんが奥さんを殺害した!?」

犯人は人形に乗っ取られた別の人格のリイチなのか?
それとも多重人格のふりをしたリイチの犯行なのか?
小五郎は調査を開始する――!

“” “” “” “”]不気味な人形の登場するカオス回…?と思って見ていたら突然ゾッとする展開に!多重人格のようになった腹話術師の様子が怖すぎて、子どもが見たらトラウマになりそう…
一見変な回ですがしっかりしたミステリーな前後編で、演出が凝っていて見入ります。二転三転する展開にドキドキ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる