ミステリ★

【833話 名探偵に弱点あり】小五郎、高所恐怖症ついに克服!?一丁の拳銃から始まる事件!

「高くったって…怖くったって…俺は…名探偵毛利小五郎だ~!」

おすすめ
ミステリ

「待て!逃がすかー!」
拳銃を持った強盗犯を追う小五郎。
警察は犯人を逮捕するが所持していた拳銃が行方不明に。

小五郎は元々高所恐怖症だったうえに発砲され高いところがトラウマになってしまった――

二日後、ヘルメット姿の人物が詐欺グループの代表・榊を銃撃。
犯行に使われたのは消えた拳銃だった。

「拳銃は絶対…俺の手で取り戻してやる!」

小五郎は拳銃を探し、ビルの一室へ突入。
心配したコナンも同行する。

拳銃を持ち去った謎の人物の正体は事務員の女性・和泉。
彼女は詐欺グループを恨んでおり、榊以外のメンバーも狙っていた。

小五郎は和泉の犯行を止められるのか?
そしてトラウマを克服できるのか…!?

まさかの、おっちゃんの高所恐怖症ネタから始まる事件。ギャグ回…かと思いきや意外な展開の復讐劇へ!かっこ悪いおっちゃんも、かっこいいおっちゃんも見られます!