おすすめ!

【857・858話 米花町二転三転ミステリー】ミステリーを愛するすべての人へ捧ぐ、奇怪なABC殺人事件

「いくらミステリーが好きでも、いくらよくできた謎でも…その一線を越えてしまっては駄目だ」

おすすめ
ミステリ

住宅街で発見された遺体を眺める野次馬たち。
遺体は天城達也という男性で、夜中にバイクを乗り回し住民からは迷惑がられていた。

第一発見者の福田は「だからといって殺人なんてしない」と主張。

遺体の側には町内会長・番藤の診察カードが落ちていたが、コナンは犯人ならそんなものを落とすはずがないと疑問を抱く。

小五郎とコナンが捜査中の目暮・高木・千葉と共に番藤の家へ向かうと、なんと彼は自宅で服毒死していた。

天城へ抗議しに行った番藤が成り行きで彼を刺してしまい、逃げられないと思って自殺した――そう推理する高木と千葉。

「あの番藤さんは、事件を起こせる人じゃありませんよ!」
現場に現れた喫茶店店主・金満豊子は前日に番藤を店で目撃しており、会話の内容から犯人とは思えないと話す。

「これも一種のABC殺人事件だったのねえ」

豊子から、事件の関係者の名前「AMAGI・BANDO・CHINO」にクリスティの「ABC殺人事件」と同じようにABCが含まれているという話を聞く一同。
小五郎は偶然だろうと呆れるが、少し気になるコナン。

その後、出てきた証拠品や聞き込みから大学講師の千野が容疑者として浮上!
警察は彼を連行するが、コナンは真犯人・Xは他にいると推理し…?

いつもと違う変わった演出の前後編。これぞミステリー!複雑な事件と次々登場する怪しい人物がサスペンス的で見入ります。コナン世界は治安が悪すぎる… 奇妙な事件の真相と真犯人Xの狙いとは?ラストの犯人との会話が切ない。なぜか高木&千葉刑事など、警察メンバーの出番が多めの回。ゲストの豊子さんもいいキャラです
Cパート、コナンくんによるミステリー小説の「余白」の話が素晴らしい。すべての作家へのエール!