ミステリ★★

【877話 交差する運命の二人】名無しの強盗犯、仮の名をゴン太。かわいそうなゴン太の運命は!?

「本当はなんにも悪いことしてなかったのに…逃げるために本当に悪いことを…そんなのって…!」

おすすめ
ミステリ

「ご…強盗よー!誰かー!」
奥米花にある老婦人・甲田由の家に強盗に入った男は、目撃されてしまい逃走する。

ところが道の真ん中にいた元太を突き飛ばし、曲がったところで別の男と激突。
二人で斜面を転げ落ちる!

強盗犯――烏丸は、横で気絶している男を犯人に仕立て上げようと思いつき、男と自分の服を交換することに。

その頃、怒った元太はぶつかってきた乱暴男を探そうとコナンたちに相談していた。

「赤い上着の乱暴男じゃ何かと不便ですから…仮の名前を付けましょう!」
灰原の一言から、「元太君を突き飛ばした権兵衛だからゴン太」ということにして男を探すが、赤い上着にジーパンの乱暴男「ゴン太」はなかなか見つからない。

そこへ捜査中の高木刑事たちが通りかかり、「ゴン太」の正体が強盗犯だと知った探偵団は犯人捜しに燃える。

しばらくして赤い上着にジーパンを着せられた男は目を覚ますが、なんと崖から転げ落ちたショックで記憶喪失になっていた。
自分が手配中の強盗犯として追われていることを知った男は罪を重ねながら逃亡。

ゴン太の足取りを追ううちに、「ゴン太」と罪のない男性がすり替わったことに気付くコナンたち。
さらに強盗事件には裏があり…!?

「公務執行妨害罪」「住居侵入罪」など逃亡中に重ねられていく罪状がいちいち細かく表示されるのが面白い。強盗犯に仕立て上げられてしまった「かわいそうな男」の運命は? 文字通り転がる事件の行き着く先にある、まさかの真相を見届けよう!