ミステリ★★★

【88・89話 ドラキュラ荘殺人事件】杭を打ち込まれ惨殺されたホラー作家。犯人は…吸血鬼?

「まさか…本当に空を飛んだとでも言うのか!?吸血鬼のように…!」

おすすめ
ミステリ

人気ホラー作家・虎倉の住む「ドラキュラ荘」を訪れる小五郎たち。
館には虎倉の妻・悦子や、雑誌編集長、民族学研究者、書生たちの姿が。

いつもドラキュラ映画を上映しながら小説を書くという虎倉の書斎には映写機や吸血鬼映画の小道具があった。
コレクションを見たり、トランプをしたりして過ごすコナンと蘭。

楽しい夜を過ごしていたが、白木の杭を打ち込まれ死亡している虎倉の惨殺死体が…!
大雪に崖…殺害現場の書斎は完全な密室。

書斎につながる屋根の上には、あるはずの足跡がない!
まるで空を飛ぶ吸血鬼による犯行のようで…!?
「まさかあなたがたの中に!本物の吸血鬼がいるんじゃないんでしょうな!」

犯人は本当に「吸血鬼」なのか…!?

謎のイケメン羽村…演出が凝っていて雰囲気抜群のお話。犯人への台詞がかっこいい。しっかり検死したうえになかなか冴えた推理をみせる小五郎!