おすすめ!

【880話 探偵団と幽霊館】夜になると訪れる、死んだ妻の「幽霊」――

「ああ…よく来たね。待っていたんだよ」

おすすめ
ミステリ

コナンたち少年探偵団はキャンプの途中に雨に見舞われ、古い洋館で雨宿りをさせてもらう。

使用人は最近この屋敷で幽霊が出るから早く帰ったほうがいいと話す。
光彦たちは信じずにいたが、話を聞いた直後に黄色い光を目撃する――

居候の男性・雨宮によると、家主の太田黒が幽霊が出ると言い出したのは半月前だという。

太田黒は「幽霊」が二か月前に亡くなった太田黒の妻・智恵子だと信じている様子だった。

智恵子は足が悪く車椅子で生活をしていて、ある日崖から落下し事故死。
雨宮は、いつも行っている場所なのになぜそんなことが起きたのか不思議に思っていた。

その後、探偵団は夕食にシチューをご馳走になる。
太田黒に幽霊がどんな風に見えるのか聞いてみるコナンたち。

幽霊は暗くなるとやってきて、十時くらいに帰っていくという。
「見た目は黄色っぽい光なんだが、やがて聞こえてくるんだ。智恵子の声が」

太田黒が今晩あたり妻と事故の話をしてみようか…と話した瞬間、使用人は顔色を変える。

光彦は太田黒が騙されているのでは?と憤り、幽霊の正体を探ろうと館内を調査。
すると黄色い光や勝手に動く車椅子を目撃する!

「奥さんの幽霊が出たんです~!」
探偵団が見た幽霊の正体とは――!?

雨宿りで訪れたのは幽霊館!?ドタバタ幽霊騒ぎ…と思いきや、悲しすぎる真相が待ち受けています。何かを察しているコナンくんと怖がる光彦たち…はたして探偵団はその正体を見破れるのか?謎解きの流れや演出がとても丁寧で、ラストシーンは切ない気持ちになる良回です。