ミステリ★

【97話 別れのワイン殺人事件】遺産相続を巡り、何かが起きる…

「この二人が何をし、何をしようとするかを見届けてもらいたい」

おすすめ
ミステリ

依頼を受け市川産業の親族会に参加することになった小五郎たち。

「10万だあ!?天下の毛利小五郎も安く見られたもんだ!!」
あまり乗り気でないうえに提示されたその金額に憤慨するが、コナンに「10じゃなくて100万だよ」と指摘され俄然やる気を出す。

「何かが起こる。いや起こりそうな気がする」

依頼人の市川には長女の一重次女の瑞枝という二人の娘がおり、娘たちの行動を監視していてほしいのだと話す。

親族会が始まり、長女が倉庫のワインに密かに毒物を入れるのを目撃したコナンは何者かに襲われ地下室に閉じ込められてしまう!

なんとか脱出するも、ワインを飲んだ市川は突然倒れ急死。
荷物から証拠品とされるアンプルが見つかったことで長女が逮捕されたが、コナンは自分を襲った別の犯人を探す。

どうやら市川は自分が毒殺されることが分かっていたようでーー?
ワインでの毒殺事件。父親と娘たちによる遺産争いに隠された真実は…

仲の悪い姉妹と父親による遺産を巡る攻防。おっちゃん、最後まであまりにも強欲…そして犯人の動機が切ない