ミステリ★★

【988話 いがみ合う乙女達】モデル4人のうち1人が死亡。殺人犯は乙女の中に…?

「本当は誰でもよかったの」

ショッピングモールへ買い物に来た園子・蘭・コナン。
スマホで操作できるアザラシのおもちゃを宣伝しているモデル4人を見ている最中、コナンが人混みで怪我をしてバックヤードへ向かうことに。

そこには先ほどのモデル4人、美奈・彩華・舞衣・祐子がいた。
彼女たちはオーディションで争ったこともあり、なにやら仲が悪そうな様子…

バックヤードを出た園子たちが限定品の列に並んでいると、突然叫び声が聞こえる。
急いで向かうとモデルの一人・彩華が倒れていた!
コナンが確認するとすでに死亡していた――

彩華は工事中の倉庫の足場から転落した…そして足場には細工した跡があった。
殺人の可能性もあり、警察によるモデル3人のアリバイ確認が開始。

すると「謝りたい」と書かれた、彩華が舞衣を倉庫へ呼び出す手紙が発見される。
現場からは舞衣のブローチも見つかり、倉庫でブローチを落としたのでは?と指摘する園子。
だが彼女は、彩華を殺してなどいないと否定する。

コナンは蘭とともに現場の倉庫を確認。
呼び出しの手紙もどこか不自然だと考える。

彩華を殺害した「ある仕掛け」とは…!?

モデル4人のうち1人が殺された!犯人はこの中に?そして事故に見せかけた殺害トリックとは…!?現場検証シーンやモデルそれぞれの描写、そして意外なものを使ったトリックなど見どころいっぱいです。推理クイーンな園子はもちろん、限定品を自分でゲットしようとしたりCパートで手伝いをしたりする園子が輝いている回でした。